診療時間

根本改善

膝の痛み(変形性膝関節症)

こんな症状でお悩みではありませんか

  • もう注射はしたくない
  • 今までしていた正座で座りたい
  • 階段を気にせず上り下りしたい
  • 膝を気にせず孫と遊んであげたい
  • 友達や家族と旅行に出かけたい

膝の痛みが良くならない理由|健美整骨院・整体院 流山おおたかの森店

あなたは今までこういった治療をしていませんか?

・膝を温める

体を温めると、人間の痛みを感じる値(閾値いきち)が上がります。

つまり、「痛みを感じにくくなる」のです。ただ、痛む場所というのは本来、炎症を起こしていて局所的に熱を帯びています。

熱を帯びている場所を温める

火に油をそそぐ(痛みは感じにくくなる)

炎症が治まらず痛みが慢性化するだけでなく、骨の変形が進む

寒い冬や冷房の効いた部屋は、体が冷えるので肌着やマフラーなどの衣類で「保温」はしていただいた方がいいです。

ただ、やると気持ちいいからといって「加熱」してしまう「ホッカイロ」などは体に直接貼ったりしないように気をつけましょう。※寒い雪国へ出かける時は別です。

・注射で水を抜く

そもそも、なぜ水がたまるかを考えてみましょう。

膝の炎症が起きる→熱が発生する→熱を冷まそうと体が反応→水を貯めて熱を取ろうとする

という、膝の炎症をとるための体の自然な防御反応なんです。

つまり、膝の水を抜くと、一過性に膝の関節は動きやすくなりますが、炎症が収まってなければまた膝に水を貯めて、炎症を抑えようと悪循環が続くのです。

今はそれを理解されて「注射で膝の水は抜きません」とされる医師が増えてきているのも事実です。

・サポーター・テーピング・マッサージ

これは炎症を起こしている膝へのアプローチで、確かに処置すると楽になるでしょう。

本質的な膝の痛みが出ている場所と並行して処置するならOKと考えます。

膝の本質的な原因|健美整骨院・整体院 流山おおたかの森店

ご自身で歩くときの体の動きを注目してください。

膝だけ動いてないのがわかりますか?

膝の関節は歩くときには、股関節も足首も足の指も、そして目ではわかりにくいですが股関節の上の「骨盤」も動くのです。

膝の痛みの9割にあたる方は「骨盤」に原因があります。

骨盤の仙腸関節が動かないために、膝関節も曲げたり伸びたりができなくなってしまっています。

当院の改善方法|健美整骨院・整体院 流山おおたかの森店

  1. 1お身体の状態を確認するスクリーニング検査

  2. 2骨盤を整える処置

  3. 3膝関節を整復する処置

  4. 4股関節や足首など必要に応じて整復

  5. 5関節を整えて強くする運動療法やテーピング

といった処置で根本的に改善していきます。

まだまだ膝の痛みでお困りの方も多いと実感しています。「歩く」ことに直結する膝の症状、ぜひ実績のある当院の根本的な施術を一度試してみませんか。

お問い合わせ

  • 健美整骨院・整体院 流山おおたかの森店
  • アクセスマップ
  • 診療時間
住所
〒270-0128
千葉県流山市おおたかの森西1-10-6
フェリシアおおたかの森1階B
アクセス
流山おおたかの森駅から徒歩3分