診療時間

肋間神経痛

こんな症状でお悩みではありませんか

  • かたほうのわき腹が、ビリビリチクチク痛い
  • 夜寝ていて、寝返りの時に痛みが気になる
  • シップを貼っても痛みが取れない
  • わき腹の神経痛の所に湿疹も出てきた
  • この肋間神経痛を気にせず、仕事や生活したい

なぜ、当院の施術はこんなにも肋間神経痛が改善するのか

他で良くならない理由|健美整骨院・整体院 流山おおたかの森店

「電気治療」

電気治療は、多様な種類があります。

その効果としては「疼痛緩和」「筋肉の硬さをやわらげる」の二大効果が特徴です。

痛みを和らげる効果を狙い、やっていただくのは良いでしょう。

ただ、筋肉の少ない場所ですので、筋肉をほぐす効果は望めない部分と、「なぜ肋間神経痛が出てきたか?」を突き詰めると、補助的な処置になるかもしれません。

「シップや飲み薬」

医療機関でレントゲンを撮り「骨に異常はありません」といわれた場合、ほとんどが「シップや痛み止めの飲み薬で様子を見て下さい。」と対応されます。しかし、肋間神経痛の症状は、本質的に身体の骨格の異常が隠されています。肋骨と胸椎の関節や、それを支持する骨盤の状態が影響しますが、その本質へアプローチしていくのが症状改善の近道となるかもしれません。

「サラシやバストバンドの固定」

肋間神経痛は肋骨の間の神経痛です。

動きによって痛みが出る方は、さらしやバストバンドによる固定が楽になる方もいるでしょう。

しかし、痛みはおさまっても「なぜ肋間神経痛が出たのか」の原因究明をして、適した処置をしておかないと、その肋間神経痛は繰り返し起きてしまうかもしれません。

肋間神経痛の症状|健美整骨院・整体院 流山おおたかの森店

痛みを感じている方は、ご存知だと思いますが、肋骨と肋骨の間を流れる「肋間神経」が通りが悪くなり、痛みを発症します。

痛みの大きさは様々で、ひどい方は「痛みが気になって夜も眠れない」という方もいらっしゃいます。

肋間神経痛の本質的な2つの原因|健美整骨院・整体院 流山おおたかの森店

①胸椎と肋骨の関節のゆがみや捻れ

肋間神経は、胸椎と肋骨の関節面を経由して肋骨と肋骨の間を通ります。

画像にもある肋椎関節の異常があると、自然と肋間神経の流れが悪くなり、肋間神経痛を出しやすくするのです。

②骨盤の歪みやゆるみ

胸椎と肋骨の関節を整復して、正常に戻しても背骨を載せている「骨盤」がゆがんでいたら、元も子もありません。

まずは身体の土台でもある、骨盤を先に整復処置しないと、肋間神経痛は症状が取れにくくなることでしょう。

当院の肋間神経痛の改善方法|健美整骨院・整体院 流山おおたかの森店

①胸椎を含めた背骨を載せる、骨盤の仙腸関節の整復

②肋間神経の出どころ、胸椎と肋骨の関節の整復

③肋間神経痛が出ていた、硬い筋肉の整復処置

④肋間神経痛を繰り返さない、身体を整え強くする運動療法

これらの処置を行う事で、肋間神経痛の痛みを早く取る、だけでなく、「肋間神経痛を繰り返し起こさない」身体作りをしていきます。

肋間神経痛でお困りの方は、当院の肋間神経痛整体コースをお試し下さい。

お問い合わせ

  • 健美整骨院・整体院 流山おおたかの森店
  • アクセスマップ
  • 診療時間
住所
〒270-0128
千葉県流山市おおたかの森西1-10-6
フェリシアおおたかの森1階B
アクセス
流山おおたかの森駅から徒歩3分